通話料1分間=10円以下の安い国際電話のかけ方と
アイルランドのインターネット事情

アイルランドの公衆電話
アイルランドの公衆電話
アイルランドの公衆電話

写真のタイプの公衆電話ですと、10セント、20セント、50セント、1ユーロ、2ユーロのコインとクレジットカード、ICチップ式テレホンカードが使えます。

国内通話の場合は、ミニマムチャージとして、1通話あたり最低50セント分のコインを入れないと通話できません。

アイルランドから日本へ
安い国際電話のかけ方1 国際テレフォンカード(International Phone Card) 

アイルランドから日本へ国際電話をかける際は、通話料金が安くすむ国際テレフォンカード(International Phone Card)というものがあります。

日本で購入できるKDDIなどの国際テレフォンカードの場合、アイルランドの一部の公衆電話からは使用できないこともありますので、アイルランドで市販されている国際テレフォンカードを購入することをおすすめします。

アイルランドには、国内用テレフォンカード、プリペイド携帯電話用テレフォンカード、国際電話用テレフォンカードの三種類がありますので、購入の際には「国際テレフォンカード・International Phone Card」をお求め下さい。

郵便局やスーパーマーケット、コンビニエンスストアなどで購入でき、アイルランド及びイギリスから発信が可能です。

アイルランドの国際テレフォンカードは、下にありますようにレシートのような紙製のものが一般的で、初めての方は使い方に戸惑うかも知れません。テレフォンカードの使い方は下記のようになっています。

国際テレフォンカードの使い方
アイルランドのテレフォンカード
アイルランドのテレフォンカード
1. 受話器を上げ、(1)にある 1800-929777 をダイヤルする (固定電話、公衆電話、携帯電話のいずれからでも利用可能)

↓

2. 「PINナンバーを押して下さい」とアナウンスが流れる

↓

3. (2)のPINナンバーを押す
(左記のカードの場合、19423189142 を押す)

↓

4. 「通話先の電話番号を押して下さい」とアナウンスが流れる

↓

5. アイルランドの国際アクセス番号(00)+国番号(日本81)+相手先の電話番号を押す

例) アイルランドから東京 (03)1234-5678 にかける場合は、00-81-31234-5678
※国際電話時は電話番号の最初の一桁の0は削除する 詳しくは下部にあります

↓

6. 電話がかかると「この電話は○○分間話せます」とアナウンスが流れ相手につながる

※左の写真の国際テレフォンカードは実際の私の国際テレフォンカードですので使わないで下さいね。

国際テレフォンカード使用時の国際電話通話料金は、利用する電話機が固定電話、公衆電話、携帯電話かにより違いがあり、また利用時間によっても料金に差があります。

最も安い夜間にアイルランドの固定電話から日本の固定電話にかけた場合、1分あたり約7セント(10円程度)、公衆電話からですと1分約30セント、携帯電話からですと1分約1ユーロ強となります。

アイルランドの公衆電話には1台1台に本体に電話番号が書いてありますので、その番号にかけてもらいますと公衆電話で電話を受信することもできます。

アイルランドから日本へ
安い国際電話のかけ方2 IP電話

アイルランド全土のインターネットカフェの多くでは、格安で国際電話がかけられるIP電話のブースを備えているところもあります。 こちらはインターネットカフェの中に電話ボックスのようなブースがあり通話が終わったらカウンターに行き料金を払う仕組みになっています。 国際テレフォンカードよりいくらか安く1分9円程度となっています。

日本からアイルランドへ
安い国際電話のかけ方

日本からアイルランドへの安い国際電話のかけ方も存在します。 国際電話の達人という便利な比較サイトがあります。
このCosmo Goldというカードを使いますと、アイルランドまで時間帯を問わず1分間8.5円、アイルランドの携帯電話にかけても1分間26円ととても安く、通話の品質も問題ありません。

このカードの使い方は国際電話の達人のサイトからCosmo Goldというテレフォンカードを注文しますと2,3日後に無料のテレフォンカードが送られてきます。


私も使っている安い国際電話が出来る
Cosmo Goldカード

そのカードを持ってお近くのコンビニエンスストアに行き通話料金をチャージしますとすぐ利用できます。 1回のチャージの5000円で10時間近くの通話ができます。 通話をしクレジットがなくなりましたらコンビニエンスストアで再度チャージして使う事ができます。

日本からアイルランドへ一般の電話回線から電話をかけますととても高いので、国際テレフォンカードを利用する事をおすすめします。

国際電話のかけ方

アイルランドから日本にかけたい時

国際アクセス番号00+日本の国番号81+相手国内番号(市外局番の最初の0は必要ありません)
例)アイルランドから東京の (03)3555-xxxx に電話する時
00-81-3-3555-xxxx

日本からアイルランドにかけたい時

国際電話であることを示す番号「010」をつける新しいダイヤル方法がスタートしました。
国際区分に登録されている場合と、登録されていない場合で手順は以下のように異なります。

「マイライン」「マイラインプラス」に登録されている場合
→010+相手国番号+相手国内番号
例)アイルランドの 098-xxxxx に電話する時は市外局番の最初の0は必要ありませんので、
010-353-98-xxxxx

「マイライン」「マイラインプラス」に登録されていない場合や携帯電話・PHS/公衆電話からご利用の場合
→電話会社の識別番号+010+相手国番号+相手国内番号
例)アイルランドの 098-xxxxx に電話する時は市外局番の最初の0は必要ありませんから
00XY(電話会社の識別番号)-010-353-98-xxxxx

アイルランドのインターネット事情

ご自身のノートパソコンを持参し、アイルランドで利用しようと考えていらっしゃる方も多いと思います。
ダブリンやコークなどの大きな町のインターネットカフェでは、ノートパソコンを持ち込みますと、インターネットにつなぐ事もできます。

インターネットカフェの利用料は通常1時間2〜5ユーロ程度が相場です。また、都市部のインターネットカフェにはIP電話も設置されていて、格安で国際電話をかけることもできます。

時々、アイルランドの語学学校や、インターネットカフェで日本語対応となっていながら使えないという報告がありますが、文字化けをして日本語が読めない場合は、ブラウザーを開いてから(インターネットにつないでから)右クリック→エンコード(encode)→Japaneseを選択してください。 この方法で、大半の場合は読むことが出来ます。

また、日本語の書き込みが出来ない場合は、画面の右下部にある「EN」をクリックしJapaneseを選択してください。 もし、分からない場合は、学校のスタッフや店員に尋ねてみましょう。


また、日本語を読むことができるパソコンからhttp://ajaxime.chasen.org/へアクセスしますと日本語を書くことができます。 使い方は「IME On/Off」というボタンを押して日本語を入力し、書き終わりましたらコピーして貼り付けるだけです。 アイルランドの大半のパソコンに対応しています。

最近ではほぼ全ての語学学校にwifiが導入されていますので、持参したノートパソコンやスマートフォンを利用してインターネットに接続できるようになっています。

都市部の若い年代のホストファミリーでは、ホームステイ先のwifiを使ってインターネットにつながせてくれる家庭も増えつつありますが、学校によっては「ホームステイ先でのインターネット接続は原則としてできないと考えて欲しい」という語学学校もあります。 語学学校の学生寮に関しては、多くのアパートでwifiでのインターネット接続ができます。

短期滞在の語学留学生にも使用しやすい1日〜1ヶ月単位で契約できるプリペイドモバイルルータなども、Vodafone IrelandやO2 Irelandなどから発売されていますが、日本のような「使い放題」のデータ接続プランはほとんどなく、通常は1ヶ月で1GBなどの制限がかかっています。

アイルランド留学クラブのこんな利用法

ご出発前には日本のご家族などに、アイルランド留学クラブの電話番号をお伝え下さい。 緊急時はご家族からのお電話にも年中無休で24時間日本語で対応いたします。
アイルランド留学完全ガイド
留学準備 編
出発 編

留学中 編

アイルランドのATM利用法

国際電話とインターネット

学生ビザ延長と外国人登録

銀行口座開設

国際学生証の作り方

語学学校の延長と転校

留学中の日本語サポート

帰国 編

Copyright